文化祭でデレステのアーケード筐体を作った時のお話

昨年10月にあった学校の文化祭の時にデレステアーケード筐体を作ったので制作の様子などをここにまとめようと思います。

実際に作った筐体はこんな感じのものです。

作ろうと思ったきっかけ

まず、作ろうと思ったきっかけは2017年にBeatStreamが稼働を終了して中古の筐体が安く売られていたときに買いたかったけど買うことができなくて、なら自分で作ってしまおうと思って作りました。


制作記録

2017年11月

タッチパネルと検証用のパソコンを買いました。タッチパネルは15.6インチのFHDモニターにこのパネルを乗せて作りました。

テスト用タッチパネル

2018年1月

筐体に組み込むためのパソコンのスペックを決めて購入しました。ただ、自分が普段作業するのに使っているPCよりもスペックが高くなってしまって焦ってます(^^;

パソコンに入れるOSにはデレステ筐体ということでAndroid x86をインストールしました。自分の環境では7.1 rc1が一番安定して動作したのでこのバージョンを入れました。OSをインストールした後はGltoolsを使いGPUの偽装を行いデレステが高画質で動作するように設定を行いました。

2018年3月

秋葉原に行ってモニターを買いました。27インチの4KモニターなのできれいなMVを見ることができます!!

2018年6月

親に何も言わずに糸のこ盤を買ってかなり怒られました。Amazonで1万3000円ほどで売っていたので安くてとてもよかったです。

タッチパネルを4Kで作り直して映像を出力してみました。杏ちゃんがすごくかわいいです。タッチパネル部分にはこのモニターを買ってパネルと組み合わせて使いました。

杏ちゃんかわいい

制作するのに塩ビ板などを使いたかったのですが、この時かなりの金欠だったので100均で売っているMDFを加工して張り合わせて作りました。

タッチパネルの動作も確認できたのでざっくりと筐体のデザインを決めました。このデザインを元にひたすら木材を加工して作っていきます。

2018年7月~8月

近所のホームセンターで木材を調達しました。

こいつらを

こうして

こうです!

筐体の上半分の原型が出来上がりました。

さらに木材を追加で買って下半分を組み上げて合体させました。なんとなく全体像が見えてきていい感じです!

2018年9月

文化祭も近づいてきたので細かい装飾などを始めました。

筐体の外側をどうするか悩んでいた時、友達がカーボンシートとかいいんじゃないかと教えてくれたので今回使ってみました。、貼るだけでいい感じの質感になったので今でもいろんなものに張り付けて遊ぶくらい気に入ってます!

2018年10月

文化祭まで1ヶ月を切ったのですがまだ完成は遠く、めっちゃ焦ってました。

文化祭2日前!

文化祭2日前にはアクリル板を買いに横浜まで行きました!この日は作り終わらなくて泣きながらずっと作業をしていました。

文化祭前日

いよいよ文化祭前日ということで、筐体を学校まで運搬する作業をしました。

運搬には軽トラをレンタルしたのですが、自分は免許を持っていないので友達にお願いして学校まで60kmの道のりを運んでもらいました。積み込みと積み下ろしにも友達に協力してもらい無事学校まで運ぶことができ、手伝ってくれた方々にはめちゃくちゃ感謝してます。

学校まで運び終わったあとは作り終わってなかったところを完成させていよいよ文化祭当日を迎えるだけになりました。

文化祭当日

ついに当日を迎えて展示を行いました!ブログを書く予定がなくて写真がないのでツイートをお借りします。

いろんな人に来てもらって遊んでもらってめちゃくちゃ楽しかったです!

最後に

大きな筐体を作るというのがはじめての経験だったのでめちゃくちゃ楽しかったし、とてもいい経験になりました。

当日見に来てくださった方々や、筐体の制作や運搬を手伝ってくれた方々、いろんな人にお世話になりました。本当にありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。