GASとDiscordを使って超高速席替した!

GoogleスプレッドシートとGASとDiscordを使って超高速3分席替を行ったので、レビューをしていきます。

概要

pythonで書いたDisordボットで、GoogleスプレッドシートとGASで構成されたAPIをたたいて3分(実測)で席替を行うための物です。

下記の画像のようにDiscordでコメントをすると、抽選が行われスプレッドシートの座席表がランダムに埋められていきます。

これを使って実際に席替えを行った際には約3分で席替えが終わったのでカップラーメンを作りながら席替えを行うことができます!

作り方(使い方)

座席表の生成はGoogleスプレッドシートで行います。

まず、このスプレッドシート(リンク)の”list”シートに席替えを行う人のリストを作成し、”setting”シートに人数を入力します。

“座席表”シートのブロックを設定して”list”シートのブロックを指定すると席を指定したブロックの中から選ぶこともできます。

次に、GASでプログラムを書いて、ウェブアプリケーションとして導入から公開します。この時にアプリケーションのURLを控えておきます。。プログラムのリンク

最後にDiscordボットでコメントした人のidを取得してapiをたたいてあげれば席替えの準備はばっちりです。リクエストは下記のようにクエリに実行したい関数名とidなどのデータを渡して行っています。

discordボットで席替えのトリガーにしたいコメントが来たら、コメントに合わせたリクエストを実行することで席替えができます。

お借りした物

PDFを出力するのに以下の記事の内容を参考にしました。

GoogleフォームとGASで請求書のPDFを自動生成する


https://qiita.com/non-programmer/items/7accd90bbcb8630a66e7

まとめ

このプログラムだと乱数を生成してから空いてる席かどうか判定しているので席が埋まってくると効率が悪いです。先に空いてる席の配列を作ってから乱数を生成したほうがよかったと作った後に気づきました。

席替え楽しい!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。